幽雅な桜花空間   ―無迅の狂界―

妄想と空想の狭間の管理人、無迅愚痴日記。          苦楽の世   謳歌しようと   生きる日々             良くはいかず 悪くもあらず


暦~こよみ~

« | 2017-08 | »
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別

話題の品目

ブログ・リスト

>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラクトガール 歌詞
暗く陰った部屋 本に埋もれ 引きこもる少女は
「きょうはなんのようなの」
予想通り お決まりの台詞だ 扉ごし

ラクト・ガール? 冗談じゃない! この鍵をあけてくれ
お前の手を強く握って 必ず連れ出してやる

ルララ ルララ ルラ

埃だらけの部屋 本を閉じて 咳きこんだ少女は
「あなたにようはないの」
それはないぜ いつも誘ってるのに 挫けそうだ

ラクト・ガール? 冗談じゃない! この想いを聞いてくれ
お前の名前を強く叫んで 必ず振り向かせるぜ

ルララ ルララ ルラ イエ

堅く閉じたラクト・ガール

ドアの向こうで つぶやく声は
涙まじりの かすれた声だ
「もうわたしにはかまわないでよ」
そんな答えは 聞き飽きたから
もう一度だけ 名前を呼んだ

知識まみれの日陰の少女

ラクト・ガール? 冗談じゃない! もう鍵は開いたから
いつまでも泣いていたって ここには何もない
ラクト・ガール! さぁ行こう! そのドアを押してくれ
お前の事を強く掴んで 必ず持ってくぜ

ルラル ララル ルララ ルラ

赤く染まった空 二人乗り
「もっとおそく飛んで」
さぁ どこへ行こうか
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mujinken.blog29.fc2.com/tb.php/67-b5ea3412

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。